2017.04.28

コートに帰ってきた国枝慎吾
「東京パラより、まずグランドスラム」

  • 荒木美晴●取材・文・写真 text&photo by Araki Miharu

 昨年11月から右肘痛の再発のため休養していた国枝慎吾(ユニクロ)が、コートに帰ってきた。4月20日に兵庫県三木市で開幕した「ダンロップ神戸オープン」で復帰。シングルスで初戦から決勝まで1セットも落とさず見事優勝を果たした。しかし、本人は「まだ20~30点」。リスタートを切った国枝に、休養中の心境や今後のビジョンを聞いた。

リオパラ以降の休養期間を経て、復帰戦を優勝で飾った国枝慎吾選手―― リオパラリンピック以来の実戦となりました。初戦から決勝まで4試合を戦った感想は?

国枝慎吾(以下、国枝)肘の状態を見ながらでしたが、初日と比べると少しずつよくなってきました。夜は眠りが浅くなったり、練習じゃ得られない緊張感を久しぶりに味わいました。課題もわかりましたし、5月のジャパンオープン(福岡)を前に眞田(卓)選手とも戦えてよかったです。

―― 復帰を決めたタイミングとその理由は?

国枝 出場を決めたのは大会の前週くらいです。週に1回1時間から始めた練習が、ようやく4月に入ってから週5日3時間という通常の練習量までやれるようになった。それで、シングルスだけなら大丈夫かなと思ってエントリーしました。