2022.06.25

「カラ元気って大事だよ」佐久間みなみアナが影響を受けた大先輩からの一言

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi
  • 千葉タイチ●撮影 photo by Chiba Taichi

今年4月にフジテレビのスポーツ・ニュース番組『S-PARK』の新キャスターに就任した佐久間みなみアナウンサー。担当して2カ月半が経った今、スポーツを仕事とすることにどんな気持ちを抱いているのか聞いてみた。また自身のスポーツ経験やアナウンサーとしての心構えなどについても語ってもらった。

フジテレビ・佐久間みなみアナウンサー
インタビュー後編
前編はこちら>>目指すスポーツキャスター像は「知らないということも武器になる」

インタビュー後編では佐久間みなみアナに、自身のスポーツ歴などについて聞いたインタビュー後編では佐久間みなみアナに、自身のスポーツ歴などについて聞いた ──佐久間アナウンサーのスポーツ歴を教えてもらえますか?

佐久間みなみ(以下・佐久間) 小学生の時に新体操を6年間やっていて、あと小学4年生からフィギュアスケートを中学1年生ぐらいまでやっていました。選手というわけではなく発表会に向けて練習するといった程度です。新体操はリボン、フープ、ボール......すべてやっていました。一緒に習っていた友達がその後、選手コースに進んだのですが、話を聞くと、練習はもちろん、体重管理が大変だそうで、本当に過酷な競技だなと思った記憶があります。

──フィギュアスケートを始めたきっかけは?

佐久間 実は母がやりたいということで、一緒にやろうと半ば無理やりでした(笑)

──確か名古屋ご出身。フィギュアが盛んな土地ですよね。

佐久間 そうなんです。浅田真央さんも名古屋出身ですし、私のいたリンクでは鈴木明子さんが練習をしていました。小学校を卒業してから私はアメリカに行ったのですが、そこで住んだ地域でもスケートが盛んで、冬になるとみんなスケートリンクに行くんです。だから私も遊び感覚で滑っていました。

──アメリカはどちらだったんですか?

佐久間 ペンシルバニア州ピッツバーグの近郊です。そこで高校の途中まで過ごしました。

──アメリカ北東部、厳しい寒さもあってスケートをするのが当たり前の環境なんでしょうね。

佐久間 はい。本当に身近にスケートがあるといった感覚でした。

─フィギュアにはトゥーループやサルコウ、ルッツなどのジャンプがありますが、素人にはわかりづらいものがあります。佐久間さんは、判別できるわけですか?

佐久間 やはりとっさに判別するのは難しいですね。そのあたりは改めて勉強をして、今後仕事に活かしていきたいと思います。

──その後は何かスポーツは?

佐久間 その後、日本に帰国をして過ごした大学時代も含め、これといったスポーツはしていないんです。ただアメリカ時代は、走るのが好きだったのでよくランニングはしていました。あと今もジムで体は動かしています。実は嗜む程度ですがキックボクシングをはじめまして......。

──えっ、キックボクシングですか⁉

佐久間 以前から興味を持っていたんです。華やかなキックに威力のあるパンチ、ぜひやってみたいなと。

──それは意外でした。

佐久間 ただ体幹の筋力がなさ過ぎて、いつもフラフラしています。2分2ラウンドやると「もう無理です」という感じです(笑)。想像していたのとはまったく違って、やはりやってみて改めて難しさや大変さを知りました。