2022.06.02

池江璃花子は「泳ぎも思考法も素晴らしい」。伊藤華英がスポーツをするすべての女性アスリートに伝えたいこと

  • text by Sportiva
  • 廣瀬久哉●撮影 photo by Hirose Hisaya、AFLO

この記事に関連する写真を見る
伊藤華英の For Your Smile ~ 女性アスリートの未来のために vol.3

池江選手は「毎回ベストパフォーマンス」

 競泳界では、今年3月の国際大会日本代表選手選考会、4月末からの日本選手権、そして6月17日からのブタペストでの世界選手権と、主要な大会が次々と開催され、少しずつ盛り上がりを見せています。

 女子選手のなかでは東京五輪2冠(女子200m・400m個人メドレー)の大橋悠依選手に注目が集まっていますが、やはり池江璃花子選手への関心はとても高いなと感じています。世界選手権には残念ながら出場できませんが、日本選手権では5種目で3つの優勝と、タイムも泳ぎも進化してきた印象です。

 この日本選手権での泳ぎには、センスを感じました。池江選手の泳ぎはダイナミックで、ひとかきが長いのが特徴。肩の柔らかさを生かして体をローリングさせながらも、軸のブレない泳ぎができ、水をつかむ感覚もとても素晴らしいと思いました。水のなかを滑らかに進む泳ぎを見ていると、「なんで速いのかな」と不思議に思うくらいです。

伊藤華英さんが絶賛する池江璃花子選手の泳ぎ伊藤華英さんが絶賛する池江璃花子選手の泳ぎ この記事に関連する写真を見る  ただ、大病を患い筋力が落ちてしまったために、彼女の大きな長所でもあったスタートの速さが、まだありません。今後、筋力が以前の状態に戻れば、スタートがもっと速くなり、さらにタイムを伸ばせるのかなと思います。

 それでも完全に病気前の泳ぎに戻るかというと、そうではないかもしれません。復帰した時には「ゼロからのスタート」とおっしゃっていたので、以前の泳ぎを追い求めるのではなく、今の体の状態のなかで最高の泳ぎを作り上げている感覚なのかなと思います。

 また、彼女の素晴らしいところは、その思考法にもあります。基本的にとても明るい性格で、それが競泳にポジティブに働いていると思います。一つひとつのレースにしっかりと向き合い、そこで出た課題を次のレースに生かす能力があります。

 多くの方々は、池江選手のひとつ前のレースのタイムと比較して、調子がいい悪いを判断しがちですが、結果が出なかったとしても、着実に前進している姿を見ることができているので、毎回ベストパフォーマンスだと私は思っています。今、そのくらい彼女はよくなってきているし、パリ五輪を見据えたトレーニングを積んでいけているんだなと感じます。