2022.04.14

小平奈緒の駆け抜けた競技人生。「記憶に残る大会は?」の問いに「次のレースが最高のレースになる」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi

10月の大会が最後のレースになることを表明した小平奈緒(写真提供:相澤病院)10月の大会が最後のレースになることを表明した小平奈緒(写真提供:相澤病院) この記事に関連する写真を見る  4月12日に長野市で行なわれた記者会見で小平奈緒(相澤病院)は、10月にエムウェーブで開催される全日本距離別選手権の500mを、自分の競技人生のラストレースにする予定であることを発表した。

「昔からスケート人生を続けていくなかで、自分の人生をスケートだけで終わらせることにすごく疑問を感じていました。だから昨年の夏から、北京五輪を迎えるシーズンの夏ということで(コーチの)結城(匡啓)先生や家族などに未来像を語るような場面も多くなっていて。そうなった時に『五輪で最後にするのはもったいないよね』という話も出て、自分のなかからもそういう気持ちが湧き出してきたので。最後に自分のスケートを表現したい場所というのが地元の信州だったので、長野で滑るというのもすごく魅力的でしたし、シーズン開幕戦ということで、次の世代にバトンタッチするにもすごくいい機会だなと感じました」

 北京五輪の1000mを終えたあと、小平は今後について、「所属先と相談をしなければいけないが、もう一度地元で、体の痛みがない状態でのびのび滑ることができたらいいな、という未来像を描いています」と話していた。それを聞いた時、ケガを治してもう1シーズン続け、その後にそういう場を求めるのではないかと思った。だがその時、彼女が心のなかで決めていたのは、エムウェーブで開催される全日本距離別選手権だった。

 その大会はW杯代表選考会を兼ねるもの。もし自分がW杯にも出場することになれば、次の五輪を目指す若い選手たちの経験の場を奪うことになってしまう。そうした状況を避けながら自分の思いを実現するとともに、次代の選手たちへのエールを送る場にするためにと、そこをラストレースにすることを決めたのだろう。そして今季の最終戦だった、第2の故郷ともいえるオランダのヘレンベーンで開催されたW杯ファイナルにもケガを押して出場と、その準備を着々と進めていた。