2021.11.16

次なる目標は世界。チームの武器に磨きがかかった北海道銀行フォルティウスが初のアジア制覇

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by (C)JCA

 カザフスタン・アルマトイで行なわれたパシフィック・アジア選手権は、北海道銀行フォルティウスが決勝戦で韓国代表に競り勝って、チームとしては初、日本代表としては2015年のロコ・ソラーレ以来6年ぶりとなるアジア制覇を遂げた。

パシフィック・アジア選手権を制した北海道銀行フォルティウス。左から吉村紗也香、小野寺佳歩、近江谷杏菜、船山弓枝パシフィック・アジア選手権を制した北海道銀行フォルティウス。左から吉村紗也香、小野寺佳歩、近江谷杏菜、船山弓枝 この記事に関連する写真を見る  スキップの吉村紗也香は大会後、日本カーリング協会を通して、以下のように総括コメントを出した。

「決勝戦では相手にいい流れを持っていかれていたんですけれども、チームで力を合わせながら、諦めずに一つひとつのショットを決めて、最後まで集中力をきらさずに試合ができた。それは(今後への)自信にもつながりました。12月にはまた(重要な)大会がありますので、それに向けてチームで頑張っていきたい」

 吉村が「相手に流れを持っていかれた」と振り返ったとおり、最大のライバルである韓国とは予選から計3戦を戦って、いずれも試合前半に複数得点を与えてしまい、常に我慢の展開を強いられた。

 それでも、キーエンドでショットをつなげ、点差を保ったまま勝機をうかがう粘り強い戦いを貫いた。

 特にセカンドの近江谷杏菜とサードの小野寺佳歩の局面では、たとえミスが出たとしても、その後に同じ失敗を繰り返さない修正能力の高さを見せた。劣勢のなかにあっても、前半で収集したアイスや石の情報をきちんと生かして、うまく後半勝負に持っていった。