2021.09.14

カーリング史に残る死闘を制したロコ・ソラーレ。崖っぷちからの3連勝にはワケがある

  • 竹田聡一郎●取材・文 text by Takeda Soichiro
  • photo by(C)JCA IDE

 全農2021女子カーリング日本代表決定戦は、ロコ・ソラーレが2連敗のあと3連勝という劇的な幕切れで北海道銀行フォルティウスに勝利。日本代表として、12月にオランダ・レーワルデンで開催される北京五輪の最終予選に出場することになった。

日本代表決定戦を制したロコ・ソラーレ。左から吉田知那美、鈴木夕湖、石崎琴美、小野寺亮二コーチ、吉田夕梨花、藤澤五月日本代表決定戦を制したロコ・ソラーレ。左から吉田知那美、鈴木夕湖、石崎琴美、小野寺亮二コーチ、吉田夕梨花、藤澤五月 この記事に関連する写真を見る  今回の代表決定戦に臨んだ2チームは今年2月、今大会と同じ北海道・稚内のみどりスポーツパークで行なわれた日本選手権決勝で対戦。その時は北海道銀行が第10エンドで逆転勝ちを収めている。

「負けたあとは2日間、ほぼずっと泣いていました」と、ロコ・ソラーレのスキップ藤澤五月。また、リードの吉田夕梨花は「あの負けを一日も忘れたことはない」と話す。

 その悔しさを糧にこの半年、ロコ・ソラーレはトレーニングや練習試合を重ねてきた。サードの吉田知那美は「本当にたくさんのチームの胸を借りて、本当にたくさんの試合をやってきた」と振り返る。

 注目すべきは、その練習試合の組み方だ。稚内や札幌、軽井沢などの各地で、今大会と同じく3戦先勝のベスト・オブ・ファイブ方式を採用。なるべく同じチームと3日間で5戦する"プレ・トライアル"を敢行した。

 さらに、試合開始時間やその前後の食事やミーティングのタイミングも、極力、本番の"稚内決戦"に近づけた。時にはメンバーに何かあった時のためにフィフスの石崎琴美も起用し、試合後には記者からの質問を受ける念の入れようだった。