2021.09.12

元横綱・朝青龍の甥、豊昇龍。「一番のプレッシャーは叔父さんのツイッター」

  • 武田葉月●取材・構成 text by Takeda Hazuki

向正面から世界が見える~
大相撲・外国人力士物語
第9回:豊昇龍(1)

名古屋場所(7月場所)で10勝5敗の好成績を挙げ、初めての三賞、技能賞を受賞したモンゴル出身の豊昇龍。元横綱・朝青龍の甥として、2018年1月のデビュー時から注目を集めているが、モンゴルで過ごした少年時代は、相撲ではなく、柔道やレスリングに打ち込んでいたという。

当時の目標は、レスリングでオリンピックに出場すること。東京オリンピックが行なわれた今年、戦いの舞台を土俵に変えた豊昇龍が大活躍を見せると、叔父・朝青龍はツイッターで激励のメッセージを発信した。秋場所(9月場所)で初の横綱戦に挑むまでに成長した、22歳の若者の横顔、叔父とのエピソードに迫る――。

        ◆        ◆        ◆

 7月に行なわれた名古屋場所は、久しぶりに地方都市で開催された本場所だったんです。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、無観客で開催された昨年3月の大阪(春場所)以来、中止を含めて、(本場所は)すべて東京・両国国技館での開催でしたから。

 両国国技館が東京オリンピックのボクシング会場に指定されていることもあって、僕らは名古屋に行きましたけど、大きな混乱もなく、無事に場所が終えられたことはよかったと思います。

 名古屋場所、前頭五枚目で臨んだ初日は、阿武咲関(前頭六枚目)と対戦。重心が低いうえに重くて、これまで勝ったことのない相手です。立ち合いから突き合いになりましたが、それを受け止めて、相手の引きに乗じて押し出すことができたんです。