2021.08.08

須崎優衣が五輪出場「0.01%」からの金メダル。「一度はあきらめかけた夢の舞台だった」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • photo by JMPA

 これぞ日本選手団の旗手の底力か。レスリングの女子50キロ級の須崎優衣(ゆい)が圧倒的な強さで金メダルを獲得した。優勝が決まると、マットそばの吉村祥子コーチに抱きつき、ふたりで泣きじゃくった。

 中学2年から9年間、苦楽を共にしてきた52歳の吉村コーチが言った。「よくがんばった」と。

 22歳の須崎は「ホント、ありがとうございました」と返した。

「ホントにもう、ホントにもう、ホントに今の自分があるのは、自分に関わってくれたすべての人のお陰です。感謝の気持ちでいっぱいです。ホントにもう、夢みたいです」

レスリング女子50キロ級で金メダルを獲得した須崎優衣レスリング女子50キロ級で金メダルを獲得した須崎優衣 この記事に関連する写真を見る

 須崎は15日前の東京五輪の開会式で日本選手団の旗手を務めた。バスケットボール男子の八村塁と共に選手団の先頭を歩いた。心身の負担は増える。でも、吉村コーチと相談した結果、大役を引き受けることにした。

 夏季五輪で初めての女性旗手は1988年ソウル五輪の小谷実可子さんだった。この日、小谷さんは東京五輪パラリンピック組織委員会のスポーツディレクターとしてレスリング会場のスタンドにいた。

 試合前、小谷さんは言った。「旗手って楽しいじゃないですか。日本選手団の顔として選ばれた喜びもあって、モチベーションにもつながりますよね」と。

 日本レスリング協会の福田富昭会長によると、旗手となった理由は3つ。若さ、女性、そして金メダルが確実なこと。

 当の須崎は、「貴重な体験でした」と振り返っていた。