2020.10.16

美貌の騎手・神村ひより、「馬のフィギュアスケート」に夢中な理由を語る

  • スポルティーバ編集部●取材・文 text by Sportiva
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

馬術界に現れたヒロイン 
神村ひより インタビュー 競技編 

プライベート編はコチラ>>

人馬一体となって演技し、その美しさや正確さを競う馬場馬術(ドレッサージュ)。騎手の指示を受けた馬はアリーナの中でステップを踏み、図形を描いて"踊る"。「馬のフィギュアスケート」とも称され、芸術的なパフォーマンスが見るものを魅了するスポーツだ。
その馬場馬術の世界に、将来を期待されるヒロインがいる。神村(じんむら)ひより、20歳。175センチの長身と長い手足を生かして馬に躍動感を生み出す演技を武器に、ジュニア世代の主要大会「全日本ジュニア馬場馬術大会」では、2019年までに年代別の3部門すべてで優勝を経験。今年11月下旬に開かれる同大会で6年連続優勝に挑む。注目の大会を前に神村を訪ね、彼女の人物像に迫った。 

全日本ジュニア馬場馬術大会で5年連続優勝中の神村ひよりと、馬のオテロ 
馬術を始めたきっかけは幼少期の引き馬体験だった。家族で訪れた牧場やデパートの屋上で体験コーナーを見つけるたびに母親に何回もねだった。

「何度も列に並んで、ずっと乗っていました。もう、お母さんが困るくらいにひたすら。小さな頃から大きな動物が好きでしたが、特に馬の優しい目を見ていると、なんだか安心しました」

 馬と触れ合うことが好きな娘に、母親が勧めたのが乗馬クラブへの参加だった。神村は習い事として乗馬を始めた小学1年時点で身長130センチ台後半と体格に恵まれ、年齢に対して早い時期から大きな馬に乗ることができた。初めの数年間は障害物を飛び越す障害馬術と馬場馬術の両方に取り組んでいたが、幼い少女は後者の奥深さに魅了されたという。

「正解が簡単にわからないところに引かれました。それぞれの馬が同じ動きをしているように見えるのにさまざまなポイントがあったり、選手ごとに重要視している動きが違ったりして、当時の自分のフィーリングに何か響くものがありました」