2019.09.03

桃田賢斗の国際大会勝率は約9割。
東京五輪へ誰が相手でも、必ず勝つ

  • 平野貴也●文 text by Hirano Takaya
  • photo by AP/AFLO

 世界選手権の優勝から1週間後の9月1日、25歳の誕生日に迎えた国内のファン感謝イベントで、桃田賢斗(NTT東日本)は「たくさんのファンの人に応援されていることを実感できたので、またみなさんに良い試合を見せられるように頑張りたい」と話した。

圧勝で世界選手権連覇を果たした桃田賢斗 試合が日本のテレビで生中継された世界選手権。日本バドミントン界にとっては、大きな一歩だった。決勝戦で21-9、21-3という圧勝劇。連覇を狙った桃田は、相手のショットをことごとく跳ね返し、隙を見ては強打をたたき込んだ。

 困惑したアンダース・アントンセン(デンマーク)は、強打を狙いすぎてミスを連発。脇腹を押さえながら、あるいは首をかしげながら本領を発揮できず、何もできないまま試合が終わるのを待っているかのようだった。観客も、ただ桃田の強さに感心するばかり。相手を完膚なきまでにたたきのめす「キング桃田」の姿が、そこにあった。

 最後は、アントンセンが放ったクロススマッシュを桃田がフォア側に飛んでダイビングレシーブ。相手の対角へ返したシャトルが相手コートに落ちるのを見届けた桃田は、そのまま突っ伏して連覇達成の喜びを噛みしめた。第6シードから勝ち上がった昨年とは違う。優勝候補の第1シードとして臨み、すべての試合をストレートで勝ってみせた。「絶対王者」の力を証明する連覇だ。

「前回は、がむしゃらに頑張って、勢いで優勝した大会。自分のどこが優れていたか、自分で覚えていないくらいに、ただ一生懸命にプレーしました。今回は、第1シードで、ディフェンディングチャンピオン。負けたくない、絶対優勝する、2連覇をするという気持ちで大会に入りました。向かってくる相手に対して、6試合すべてをストレートで勝てたことは、自分にとって昨年とは全然違う重みがあります」(桃田)