2018.08.01

「氷上のビーナス」は体重減で引退を実感。
スマイルジャパン、エースの16年

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao 五十嵐和博●撮影 photo by Igarashi Kazuhiro

日本代表FWとして平昌五輪にも出場した足立友里恵 長らくアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」の一員として活躍してきた足立友里恵。2014年ソチ五輪では自力での五輪初出場に貢献。今年2月の平昌五輪では、悲願の五輪初勝利を含む2勝を挙げ6位となったチームを支えた。また、その愛らしい笑顔に加え、OLとの二足のわらじを履きながら競技を続けてきたことでも注目され、たびたび”美女アスリート”としてメディアにも取り上げられてきた。

 だが、そんな彼女も今年4月に33歳となり、2017-18シーズンをもって現役生活に区切りをつけることになった。

 2003年から約16年にわたって日本代表でプレーし、所属するSEIBUプリンセスラビッツでは長く主将も務めてきた彼女はいま、何を思っているのか。女子アイスホッケーを広めるため、スマイルジャパンの広報役も担ってきた”氷上のビーナス”に、現役生活を振り返るとともに、今後について聞いた。

――平昌五輪で悲願の勝利を挙げただけでなく、SEIBUプリンセスラビッツでも2冠(日本リーグ、全日本選手権)。最高の形で現役最後のシーズンを終えられたのではないですか?

「日本リーグの6連覇を決めたあと、全日本選手権でも優勝できて、すごくいい形でシーズンを終えられました。あらためて、引退するにはベストのタイミングだったのかなと思います」

――平昌五輪の前から「最後の五輪になると思う」と発言していましたが、実際に引退を決めたのはいつだったのですか。