2018.07.18

選手だけじゃない「敵」も出現。
王者フルームがツール5勝目へ快走中

  • 山口和幸●取材・文 text by Yamaguchi Kazuyuki
  • photo by ASO

 世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」とFIFAワールドカップの日程が重複するのは4年に一度のお決まりだが、2018年はちょっとしたハプニングがあった。

 開幕地は大西洋岸――。第1ステージのスタートはノワールムーティエという島で、干潮のときだけ通行できるパッサージュ・デュ・ゴワを通ってフランス本土に渡る。それがなんともスペクタクルなシーンで、開幕時の見ものだった。

クリス・フルームは史上5人目の「ツール5勝」を達成できるか ところが、7月15日まで開催されるワールドカップと半月も重複していたのでは、興行としてマイナスが大きい。そこでいったん、設定した6月30日の開幕を1週間、後送りに。ツール・ド・フランスは7月7日を開幕とした。

 だが、1週間後となったパッサージュ・デュ・ゴワは選手たちが通過するその時間、海の底にある。主催者は潮汐(ちょうせき)表までチェックしていなかったのだ。

 結果的に出場176選手はノワールムーティエからあまり見栄えのしない砂嘴(さし)の県道を通って、フランス一周の旅を始めることになった。

 ツール・ド・フランスは23日間かけて、真夏のフランスを一周する壮大なスポーツイベントだ。そのルートには、アルプス山脈やピレネー山脈といった難関が立ちはだかる。総距離3351kmを走破した選手たちは、7月29日にパリ・シャンゼリゼに凱旋する。第105回大会は、チーム・スカイのクリス・フルーム(イギリス)が歴代最多タイの5勝目に挑むのが最大の注目どころだ。

 ツールの最多総合優勝記録は「5勝」。自転車界の伝説的な選手ばかり4人(ジャック・アンクティル、エディ・メルクス、ベルナール・イノー、ミゲル・インデュライン)が仲よく並んでいる。かつて大会を7連覇したランス・アームストロングというアメリカ選手がいたが、ドーピング違反によって全成績が抹消されている。「やはりツール・ド・フランスの最多勝は『5』じゃなくちゃダメだ」というフランス人記者のまことしやかな会話を聞いたこともある。