2018.04.25

おそるべし、馬場ふみか。
パンチとキックの基本が自然とできていた!

 text by Sportiva
山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita
八戸亜希子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi
衣装協力/ニューバランス

体と対話するエクササイズ(8)シュートボクシング編

 2016年から1年を通してランニングを練習し、昨年の1月にマウイ島でハーフマラソンを完走した馬場ふみかさんが、新たに様々なスポーツや、エクササイズを体験していくシリーズ連載。今回挑戦しているシュートボクシングでは、前回の入念なストレッチを経て、いよいよ、パンチとキックの基本姿勢を教えてもらう。どこまで強くなれるのか?
前回の記事はこちら>>

 体が温まってほぐれたところで、まずは基本の”構え”をシーザージム渋谷所属のシュートボクサーであり、トレーナーも務める大桑宏章さんに教えてもらった。

「右利きの人は左足を前に出します。左足は12時、右足は3時の方向になるように意識して、膝は少し曲げます。こぶしは軽く握り、一度万歳して顔の横まで下ろしてきた位置で止め、肘を少し内側に絞って脇を締めて、あごを引き、少し背中を丸めます。これが基本の姿勢です」

 慣れない姿勢に少し戸惑いながらも「その場で足踏みをしていくとうちに、自然な形になってきますよ」とアドバイスをもらうと、馬場さんもそれらしくなってきた。