2018.02.07

ショートトラック20年ぶりメダルへ。
応援団長・松田丈志が熱血エール

  • 松田丈志●文 text by Matsuda Takeshi photo by AFLO

全日本選手権で総合優勝し、五輪出場を決めた吉永一貴全日本選手権で総合優勝し、五輪出場を決めた吉永一貴  そして、そのエネルギーがどんどん大きくなり、爆発して、大きな壁を突き破る瞬間が来るのではないか、そんな期待感を抱いた。その瞬間を見たいと思うようになった。

 そこから、私は陰ながらショートトラックを応援させてもらっている。2017年2月には札幌冬季アジア大会も現地に駆けつけ、代表選手たちとコミュニケーションをとらせてもらった。

 このような関係を築いてきたなかで、私が平昌五輪で注目するのは吉永一貴選手だ。

 吉永選手は、平昌五輪代表選手最終選考会となった2017年12月の全日本選手権で総合優勝を果たし、日本男子ショートトラック史上最年少の代表になった。

 2月9日の平昌冬季五輪開会式を18歳193日で迎える"最年少"ではあるが、全日本選手権2度の総合優勝の実績を持つ日本のエースだ。

 私が吉永選手に初めて会ったのは、先に述べた2016年10月の合宿だ。その時の印象は、寡黙で黙々と練習に打ち込んでいる少年というものだった。しかし、今年1月4日に野辺山を訪問し、改めてインタビューをした時は、逞しく成長した姿を見せて、オリンピックにかける強い想いを感じさせてくれた。

 吉永選手がショートトラックを始めたのは小学2年生の時。当時、サッカーや水泳もやっていたが、たまたま母親に連れていかれたショートトラックの大会で、その競技を目にした瞬間、とても輝いて見えて、自分もやってみたいと強く思ったという。その時のことは今でもしっかり覚えているそうだ。

 実は吉永選手の母・美佳(旧姓・加藤)さんは、ショートトラック競技で全日本選手権を3連覇したトップスケーターだった。

 当時の吉永選手はそんなことは知らず、ただただ、この競技をカッコイイと思った。