2017.03.02

銀メダル獲得も通過点。渡部暁斗が求めるのは
「厳しい争いを勝ち切る力」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AP/AFLO

 フィンランドのラハティで開催されている、世界ノルディックスキー選手権。7日目のノルディック複合ラージヒル個人戦で渡部暁斗(北野建設)が銀メダルを獲得した。

「飛び出しが少し失敗してしまった」という前半のジャンプだったが、125mを飛んで3位。距離では、1位のマリオ・サイダル(オーストリア)と54秒差スタートとなった。

着実に力をつけてきていることを、今大会で証明した渡部暁斗「最低限のジャンプはできたし、後半へ向けてはいい位置につけられました」と笑みを浮かべた。トップに立ったサイダルは、距離はそれほど強くない選手。それを数名の2位集団で追いかける形が予想されたが、24日のノーマルヒル個人で優勝したW杯総合1位のヨハネス・ルゼック(ドイツ)が暁斗の6秒あとにつけていた。

「ルゼックがいるのはよかったですね。ひとりで先頭を追うのは大変なので、走力のある選手が近くにいてくれるというのはありがたいこと。もちろんずっとついているわけにもいかないので、引っ張る場面も出てくるだろうけど、いいレースができるように頑張りたい」と距離に向けて意気込みを語った。