2015.09.16

【カーリング】マリリン妊娠で「五輪代表争い」の勢力図が変わる!?

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro

『全農 2015 パシフィックアジアカーリング選手権大会 日本代表決定戦』(9月16日~21日)が、北海道北見市常呂町のアドヴィックス常呂カーリングホールで開催される。

 今年2月に行なわれた日本選手権上位4チームに出場権があるこの代表決定戦。優勝チームは日本代表として、11月にカザフスタン・アルマトイで開催される、2015パシフィックアジアカーリング選手権(以下、PACC)に参戦することとなる。

 なお、このPACCは、女子は来年3月にカナダ・スウィフトカレントで行なわれる、2016世界選手権への出場権をかけた戦い。参加5チーム中(日本、中国、韓国、カザフスタン、ニュージーランド)、上位2チームに入れば、世界への切符を手にすることができる。

 また、この2016世界選手権から、その成績によってオリンピックポイントが参加各国に振り分けられる。そして、翌2017年大会のオリンピックポイントと合わせて、総合ポイントで上位に入った国に2018年平昌五輪の出場権が与えられる()。
※前回と同じ規定であれば、直近2大会の世界選手権(オリンピックポイントの合計)によって、五輪の出場権を得られるのは、上位8カ国(開催国・韓国を含む)。残り2枠は、世界最終予選で争われる。世界最終予選に出場できるのは、直近2大会の世界選手権に1回は出場している国。

 つまり、各チームによる五輪出場に向けた長く熾烈な戦いが、今回の代表決定戦から始まるわけだ。

 さて、今大会の行方だが、やはり本命は、2014年ソチ五輪代表の北海道銀行フォルティウスだろう。