上薗恋奈(13歳)「緊張はあるけど...むしろ見てほしい」 フィギュアスケート界の新星は応援を力に

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

上薗恋奈 インタビュー前編(全2回)

 彗星のごとく現れるーー。

 2023−2024シーズンの上薗恋奈(13歳/LYSフィギュアスケートクラブ)は、まさにその形容そのものの躍進ぶりだった。

愛知・モリコロパーク アイススケート場でインタビューに応じた上薗恋奈愛知・モリコロパーク アイススケート場でインタビューに応じた上薗恋奈この記事に関連する写真を見る

 ジュニアグランプリ(GP)シリーズのイスタンブール大会で2位、ポーランドのグダニスクで行なわれたソリダリティ杯で優勝、北京でのジュニアGPファイナルで3位と表彰台に立っている。

 全日本ジュニア選手権も3位に入ると、全日本選手権にも出場。ジュニアデビューシーズンにもかかわらず、坂本花織など錚々たるシニアメンバーのなかで、なんと4位に入った。

 そして今年3月、台北で開催された世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得し、鮮烈なシーズンを締めくくっている。

<これからの日本のフィギュアスケートを背負う逸材>

 関係者の間で噂される上薗の実像とはーー。13歳、中学2年生の少女の「今」に迫った。

【ひとりで表現できるスケートの魅力】

ーー3歳の頃、浅田真央さんがソチオリンピック後に名古屋を凱旋した時、「手を振ってもらった」というのがきっかけでスケートに興味を持ったそうですが、浅田さんにはその後、会う機会はあったんですか?

上薗恋奈(以下同) (浅田真央が座長を務めたアイスショーの)『ビヨンド』でお会いしたことがあります。(樋口)美穂子先生がお話をしていて、私はごあいさつをしただけですが......ソチオリンピックのフリーは憧れなので、お会いできてうれしかったです。

ーーフィギュアスケートを始めたのは5歳の時。最初に何に夢中になったんですか?

 自分の場合はジャンプが好きでした。新しいジャンプが跳べるようになったり、同じジャンプでも質が上がったり、そういうのがすごくうれしくて。それに、スケートは大きなリンクで、ひとりで氷の上に立って表現できるっていうのがすごくいいなと思いました。

ーー大勢の注目を一身に浴び、緊張はしませんか?

 試合の時は、やっぱり緊張はあります。けど、みなさんに見られているから緊張するというのはなくて、逆に見てもらっているほうがうれしいです。応援してくださっている方々のためにも頑張れるって思うので、むしろ見てほしいなと。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る