本田真凜、全力演技で「恩返しをしたかった」語っていたスケーターとしての覚悟

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

【応援に感謝を伝える挑戦】

 12月22日、長野。本田真凜(22歳/JAL)は9年連続でエントリーした全日本フィギュア選手権のリンクに立っている。

全日本選手権SPの本田真凜全日本選手権SPの本田真凜この記事に関連する写真を見る「今年は、大学生としての全日本は最後ということで、自分としては特別な気持ちがありました」

 本田は言う。ひとつの集大成だった。

「ブロック(大会)から勝ちとった全日本で9年目になるんですけど、それは自分のなかで毎年頑張ってきたからこそ、大きな舞台にたどり着けている、と誇らしく思うべきことなのかなって。自分のことを知らない人に、たとえ何を言われようとも。応援してくださる方に勇気をもらったので、その感謝を伝えるという気持ちで頑張れました」

 彼女は約束の舞台で、どう戦ったのか?

 本田は自身のインスタグラムで、全日本に入る前に右骨盤を痛めていたことを告白している。大会開幕前の公式練習でもジャンプはセーブしていたし、体調は万全にはほど遠かった。自身2度目の棄権もささやかれたほどだ。

 しかしショートプログラム(SP)の本番で氷上に立った彼女は、果敢に攻めた。冒頭、3回転サルコウを跳んだのは、最大の挑戦の意思表示だろう。最後のスピン、ステップは体力こそ尽きていたが、気迫はこもっていた。かつて「天才的」と絶賛された音をつかむセンス、プロのダンサー顔負けの身のこなしなど、表現者の才能の片鱗を見せた。

 スコアは44.42点で、28位だった。すべてのジャンプに回転不足がつき、得点は伸びず、最下位でフリーにも進めていない。

1 / 4

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る