2022.04.30

宇野昌磨、つくりたての新SPを披露。「曲調は強い、弱いが明確にわかれていて、そこはしっかり表現したい」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

「プリンスアイスワールド」に出演した宇野昌磨「プリンスアイスワールド」に出演した宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る  2022年4月、横浜。『プリンスアイスワールド 2022-2023 Brand New StoryⅢ』の初日公演の合間だった。記者会見用にこしらえた一室で、出演者でもある宇野昌磨(トヨタ自動車、24歳)は、鍵山優真と立って並び、質問に答えていた。

 宇野は白のジャージ、黒のトレーニングパンツ、トレーニングシューズという身なりだった。いつものようにうしろで腕を組んでいた。マスクを着けたまま、マイクもなしだったが、やや高い声はよく通った。

「昨シーズンもここから始まったと思うので、今シーズンもここから始められたらいいなと思います」

 宇野は意欲的な口調で語った。

 2022-23シーズン、新世界王者のスケーティングはどう進化を遂げるのか?

2022-2023シーズンへ新SPを披露

 外は雨脚が強くなっていたが、入場を待つ人たちが長い行列をつくっていた。

 2021-22シーズン、宇野は「4回転ジャンプ、4種類5本」という最高難度の目標を引っさげ、一気に駆け抜けている。

 グランプリ(GP)シリーズは、スケートアメリカが2位、NHK杯が1位。GPファイナルは中止になったが、全日本選手権では2位で北京五輪出場権を手にした。五輪では、団体、個人で銅メダルを獲得。日本人フィギュアスケート界最多3つのメダル保持者となった。

 そして今年3月の世界選手権では、「ステファン・ランビエルコーチが納得する最高の『ボレロ』を」と自らのプログラムと向き合った戦い方で挑んでいる。みごとに自己ベストを更新。結果として世界歴代3位の312.48点をたたき出し、日本男子史上3人目となる世界王者に輝いている。

「昨年も(プリンスアイスワールドに)出させてもらって、そこで『ボレロ』を滑りました」

 宇野はそう振り返っている。

「当時は、まだ(プログラムとして)できていない状態でのお披露目でした。でも何回も公演をすることによって、昨シーズンのいいスタートにつながったと思っています。1年間、いいシーズンを過ごすことができたのは、間違いなくプリンスアイスワールドのおかげもあって」