2022.02.07

鍵山優真「あんなに点数が出るとは思わなかった」。自己最高得点でフィギュア団体戦、メダル獲得へ前進

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

2月6日、団体戦男子フリーで圧巻の演技を見せた鍵山優真2月6日、団体戦男子フリーで圧巻の演技を見せた鍵山優真 この記事に関連する写真を見る

【樋口新葉「余裕がない」なかで上々の滑り】

 女子ショートプログラム(SP)は樋口新葉、男子フリーは鍵山優真が出場した、2月6日の北京五輪フィギュアスケート団体戦2日目。

 樋口はその前日、こう語っていた。

「五輪マークが至るところにあり、今までの試合とは全然違うので一つひとつに興奮して楽しい気持ちはありますが、すごく緊張して練習でも調子が上がらない。自分に余裕がないのがわかっているので、坂本(花織)さんに話したら、『1回目だからしゃあない』と言われました」

 本番では、現地での練習で一度も飛べていないトリプルアクセルを、ダブルアクセルに変更した構成で臨んだ。

 これまでノット・クリア・エッジ(不明瞭な踏み切り)の判定が多かった3回転フリップは、「インサイドエッジに乗るように何回も確認して練習した」という成果を出すノーミスの滑り。トリプルアクセルなしの構成では自己最高の74.73点を獲得し、カミラ・ワリエワ(ロシア・オリンピック委員会=ROC)に次ぐ2位。9点を獲得して初日3位だった中国を逆転しチーム順位を3位に上げるとともに、銅メダル争いのライバルになるカナダとの得点差も1点つけ、次の鍵山にバトンを渡した。

団体戦女子SPの樋口新葉。2位で日本チームに貢献した団体戦女子SPの樋口新葉。2位で日本チームに貢献した この記事に関連する写真を見る