2021.11.12

女子フィギュアスケートで最強ロシアの新たな勢力図。GPファイナルの枠を独占する可能性も

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo Images

左からカミラ・ワリエワ、アンナ・シェルバコワ、ダリア・ウサチョワ。2020年ロシア選手権にて左からカミラ・ワリエワ、アンナ・シェルバコワ、ダリア・ウサチョワ。2020年ロシア選手権にて この記事に関連する写真を見る  ここまでロシア勢の独壇場となっている女子フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ。アメリカ、カナダ、イタリアの前半3大会が終了し、新しい勢力図が見えてきた。

 今季、北京五輪金メダルへ向けて一気に前進している選手が、シニア初シーズンのカミラ・ワリエワだ。ジュニア初参戦の2019−2020シーズンには、ジュニアGPファイナルのフリーで高難度の4回転ジャンプを封印した構成ながら、長い手足を生かした着実な滑りでショートプログラム(SP)4位からの逆転優勝を果たした。そして世界ジュニアでは、フリーで4回転トーループ2本の構成に挑み、227.30点で優勝。シニア参戦ができる北京五輪シーズンへ向けて"驚異の戦力"となる予感を見せていた。

 コロナ禍で国際大会が中止になった昨季、ロシア選手権のSPでトリプルアクセルに挑戦し、フリーでは4回転トーループ2本を完璧に決めて合計254.01点を獲得。アンナ・シェルバコワに次ぐ2位と、強力なシニア勢に割り込むまでになっていた。

 ワリエワは今季、トリプルアクセルの精度を上げ、フリーは4回転サルコウも組み込む構成に挑んでいる。シニアのGPシリーズ初参戦となった10月下旬のスケートカナダは、SPで世界歴代2位の84.19点をマーク。4回転サルコウと、4回転トーループ2本(うち1本は演技後半の3連続ジャンプ)を入れたフリーは、トリプルアクセルが回転不足ながらも世界最高を大幅に更新する180.89点を獲得。合計でも世界最高を17.49点上回る265.08点を出して優勝し、北京五輪金メダル候補に躍進した。

 2019−2020シーズンに女子フィギュアスケートを一気に進化させた「ロシア3人娘」は、トリプルアクセルを含めたすべてのジャンプをパーフェクトに跳んだアリョーナ・コストルナヤと、4回転を武器にしたアレクサンドラ・トゥルソワ、アンナ・シェルバコワに二分されていた。だが、ワリエワは両者の武器をバランスよく取り入れた完璧なスタイル。さらに演技構成点もフリーではすべて9点台と、シニア初シーズンにしては異例な評価の高さだ。