2021.03.26

羽生結弦が「観客」に伝えたい思い。フリーへ向けてふくらむ期待

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

ミスのない演技でSPを首位発進した羽生結弦ミスのない演技でSPを首位発進した羽生結弦  3月25日、世界フギュアスケート選手権の男子ショートプログラム(SP)で、3連覇を狙うネイサン・チェン(アメリカ)を抑え、羽生結弦が首位発進した。羽生は昨年12月の全日本選手権後に大技のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の練習に取り組み、世界選手権のフリーで入れることを検討していたという。

 しかし、大会のギリギリまで粘ったものの、出発の数日前に断念。そうした経緯のなかで、今大会には勝ち負けを過剰に意識することなく、「納得できる演技をするだけ」というフラットな気持ちで臨めたのだろう。その様子は、初日の公式練習後の表情からも、ヒシヒシとうかがわれた。

 スウェーデン・ストックホルム到着後、落ち着いた雰囲気を見せていた羽生。SP当日の公式練習の曲かけでは、4回転トーループが少し前につんのめる着氷になり、3回転トーループをつけていた。前日の曲かけ練習でも、やや力を使うジャンプと感じさせ、感覚を完璧にはつかみ切れていないように見えた。

 本番前の6分間練習でも落ち着きは変わらなかった。気負わず、冷静に、淡々とやるべきことをこなす。それでも、演技のスタートポジションに立って滑りだしたときには、体に少しだけ硬さがある印象だった。

 羽生はSP曲『レット・ミー・エンターテイン・ユー』について「こういう時代だからこそ、みなさんに楽しんでもらえるものを、と思って選んだ」と説明する。ロックの音を感じながら、曲が持つエナジーを身体全体にいきわたらせて表現したい、と。