2021.02.18

髙橋大輔が築いたフィギュアスケート日本男子の歴史。五輪初メダルの記憶

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

2010年バンクーバー五輪でフィギュア日本男子初のメダルを獲得した髙橋大輔2010年バンクーバー五輪でフィギュア日本男子初のメダルを獲得した髙橋大輔  2010年2月に行なわれたバンクーバー五輪、髙橋大輔はフィギュアスケート日本男子で史上初のメダルを獲得している。歴史を作る。乗り越えるべき試練は、尋常ではなかった。

「ケガした時はスケートがしんどかったので、"少し休める"と気が楽になりましたね」

 髙橋は当時を振り返って、人懐こく笑った。

 08年10月、髙橋は練習中に右膝前十字靭帯を損傷。競技復帰には1年近くがかかると言われ、リハビリは過酷、元に戻る保証もなかった。彼はその暗闇を駆け抜け、輝くメダルを手にしたのだ。

「リハビリは大変でしたけど、『あー』って暗くなるわけではなかったです。なんでかわからないですけど、"ケガしてオリンピックに出る復活劇を作っている"みたいな。その時は"絶対に復活劇を作る!"という根拠のない自信があって。そう思っていたから、頑張れました。バネに、というのではなくて、導かれるというか。周りの人に手を差し伸べてもらって、手を引いてもらっていたんです」

 その心境は、髙橋の競技生活に通じる。彼にとって、意味のないことはないのだろう。降りかかった火の粉も味方とし、復活を遂げた時、スケーティングは深淵に近づいた。

 歴史を変えた「髙橋劇場」を再現するーー。