2021.01.08

坂本花織は今年も疾走する。「もっと自分を苦しめていい結果を」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • photo by JMPA/Enomoto Asami

 新年の初滑りとなる「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」で、坂本花織はエキシビションナンバー『迅』を披露。「くノ一」に扮したコスチュームで、持ち前のスピード感あふれる演技を見せた。昨年12月の全日本選手権では2年ぶりの全日本女王奪回を狙ったが、ショートプログラム(SP)、フリーともに2位で、合計222.17点の総合2位だった。この日は競技会よりもさらに勢いのある滑りで、高さと距離(幅)のあるダイナミックなジャンプに加え、その疾走感はすさまじいものがあった。

名古屋フィギュアスケートフェスティバルでスピード感あふれる演技を見せた坂本花織名古屋フィギュアスケートフェスティバルでスピード感あふれる演技を見せた坂本花織  大学生になってひとり立ちを試みた坂本は2019-20シーズン、もがき苦しんだ。ロシアの新星たちが登場した世界でトップ争いを繰り広げるためには大技の習得が必要だったからで、坂本はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)ではなく、4回転トーループに挑戦した。だが、焦りだけが先行して、ほかのジャンプが崩れてしまい、思うような演技ができなくなってしまった。負のスパイラルに陥って散々なシーズンとなり、大会2連覇を目指した全日本選手権では総合6位に沈んだ。

 不振からの復活は、自分自身を見つめなおして再構築するところから始めた。自分に足りない部分を強化。基礎固めに徹底して取り組んだという。新型コロナウイルスの影響による自粛期間と重なったこともあり、1日9キロの走り込みなど、トレーニング時間を増やして体力強化を図った。

 この取り組みの成果がしっかり現れたのが、グランプリ(GP)シリーズ最終戦となった11月のNHK杯だ。SP75.60点、フリー153.91点の合計229.51点の高得点を叩き出して初優勝。4回転もトリプルアクセルも跳んでいない演技構成で出した得点について、坂本はこう振り返っている。

「NHK杯はSPとフリーでほぼノーミスの演技ができて、あの点数を出しました。それ以上を狙うとなると、やっぱり4回転は必要になってくると思います。ただ、4回転だけを考えてしまうと昨季みたいに自分を見失ったまま、気持ちだけが先走ってしまう状態になるので、現状を保ちつつ、プラスアルファで4回転の練習をやっていければいいと思います」