2021.01.02

坂本花織は「らしさ」を発揮。紀平梨花との差を冷静に分析している

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本フィギュア・フリー演技で完成度の高い滑りを見せた坂本花織全日本フィギュア・フリー演技で完成度の高い滑りを見せた坂本花織  坂本花織は2019ー2020シーズン、夏場からトリプルアクセルに挑戦していた。トリプルアクセルを武器に世界のトップへ一気に上り詰めた紀平梨花や、ロシア勢に対抗するためだった。

 だが、その挑戦は難航した。トリプルアクセルは一時諦めて、4回転トーループに切り替えるも、自分のものにできず、全日本は6位、シーズンベストは四大陸選手権5位で202.79点だった。全日本を初制覇し、世界選手権5位となった18ー19シーズンに比べれば、20点以上も下回る不本意な結果だった。

 そうした悔しさは二度と味わいたくないと決意した2020ー2021シーズンは、新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間中も、集中して練習に取り組んだ。ジャンプは、トリプルアクセルと4回転を封印。まずはベースを上げることを意識したシーズンインだった。

 ショートプログラム(SP)は、高得点に向けた課題でもあるジャンプ構成の変更に着手した。基礎点が高い3回転ルッツはエッジエラーが多かったためSPでは避けてきたが、3回転ループの代わりに導入を決めた。同時に得点源の連続ジャンプも、基礎点が1.1倍になる演技後半に。変更後の構成に初めて挑んだ昨年11月のNHK杯は229.51点で優勝し、復活した姿を見せた。

 坂本は、雪辱を果たす決意を持って12月25〜27日の全日本フィギュアスケート選手権に臨んだ。初日のSP、前回優勝の紀平は競技前日の公式練習で不調だったトリプルアクセルを修正したものの、次の連続ジャンプの着氷でミスをして79.34点。坂本にとって射程圏内だった。自分の演技に集中することだけを意識してリンクに上がったという坂本は、紀平に迫るためにもNHK杯で得点を取りこぼしたスピンやステップを修正し、80点台に乗せる意欲を持っていた。