2020.11.11

鍵山優真、涙が溢れた父からの言葉。東日本選手権で悔しい2位

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

東日本選手権フリー演技の鍵山優真。ミスが続いた 鍵山優真は今シーズン初戦、10月上旬の関東選手権で優勝していた。ショート・プログラム(SP)はノーミスの滑りで98.46点を獲得し、フリーとの合計は287.21点という高得点だった。だが、11月6、7両日の東日本選手権男子シングルは、その滑りとは一変する悔しい結果になってしまった。

 SPは、81.84点を獲得したライバル佐藤駿の後の滑走。最初の4回転サルコウは降りたが、そこから3回転トーループに移行するタイミングをうまく取れず、2回転トーループを付ける連続ジャンプになった。

 そして、次の4回転トーループは自信を持っていたジャンプにも関わらず、跳び上がる瞬間にためらうような動きを見せてから跳び、パンクして2回転になった。最後のトリプルアクセルは少し力みがある踏み切りで、4分の1回転足りないことを示す「q」マークの判定でステップアウト。ステップシークエンスはレベル2で、3回のスピンもレベル2がひとつ、レベル3がふたつと取りこぼす結果となり、SP得点は71.72点と大きく出遅れた。

「(4回転)トーループは練習で抜けたことがなかったけれど、最初の(4回転)サルコウが微妙な降り方になったので、『トーループは絶対に成功させるぞ』という気持ちが強くなって、慎重になってしまったと思います。後半のアクセルは、体力もそうだし、足も痛くなっていたので気合いだけで跳んだけれどミスをして......。4回転を(プログラムに)2本入れる難しさをあらためて感じたし、アクセルは体力がなくても安定して跳べるようにしていかなければいけないです」

 6分間練習では4回転サルコウもトーループもしっかり跳べていただけに、本人も予想していなかった悔しさの残る発進になった。