2019.11.09

羽生結弦vsネイサン・チェン。GPファイナルは一騎打ちが濃厚

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの3戦が終わった段階で、真っ先にGPファイナル(12月5日~8日/イタリア・トリノ)進出を決めたのは、第1戦のスケートアメリカに続いて、第3戦のフランス杯を297.16点で制したネイサン・チェン(アメリカ)だった。

 第2戦のスケートカナダでは、羽生結弦が322.59点で優勝。羽生とチェンに続く得点を出しているのは、フランス杯で2位だったアレクサンドル・サマリン(ロシア)の265.10点で、現時点でGPファイナルの優勝争いは、羽生とチェンの一騎打ちとなるのが濃厚だ。

 スケートカナダの羽生の演技は圧巻だった。シーズン初戦のオータムクラシックのあとは、フリーで4回転ルッツを組み込む可能性も示唆していたが、スケートカナダでは4回転はループとサルコウ、トーループの3種類で行くことを決め、迷いのない状態で臨んだ。

次戦はNHK杯に出場する羽生結弦 自らの武器のひとつである「難しいつなぎ」を入れてしっかりジャンプを決め、GOE(出来ばえ点)加点を獲得する滑りを完成させることで勝負する、という気迫を見せた。

 ショートプログラム(SP)では、最初の4回転サルコウと次のトリプルアクセルを完成度の高いジャンプにし、4回転トーループ+3回転トーループは「少しグラついた」と不満を口にしたようにGOE加点は伸びなかったが、演技構成点はすべて9点台に乗せる評価を得て109.60点を獲得。