2019.11.05

髙橋大輔の心を動かした。失ったものを取り戻す山本草太の不撓不屈

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 昨年、現役復帰を果たした髙橋大輔(33歳)だが、今年12月の全日本選手権でのシングル引退を明言。11月の西日本選手権(滋賀県立アイスアリーナ)は、”最後を飾る前哨戦”になるはずだった。当然、多くのチケットが売れていた。

 しかし髙橋は直前の練習で左足首を痛めてしまい、欠場を余儀なくされることになった。

 髙橋に代わって、誰が大会の主役となったのか――。

 主役候補筆頭が、19歳の山本草太だった。

西日本選手権で2位だった山本草太 山本は2014-15シーズン、ジュニアグランプリファイナルで宇野昌磨に次ぐ2位。同シーズンの世界ジュニア選手権では、現世界王者のネイサン・チェン(アメリカ)を上回って、3位表彰台に立った。2015-16シーズンには、全日本ジュニア選手権で優勝した。日本のフィギュアスケートを担うべき逸材だった。

 ところが世界ジュニア選手権を前に、右足首を骨折する不運に遭う。それからは苦難の連続。復帰後も再び骨折し、羽を失ったかのように見えた。

 ただ、天才は消えなかった。2017-18シーズン、再び戦列に復帰。再起した直後は、ジャンプはすべて1回転から練習を始め、粘り強くスケートを取り戻してきた。

 不屈な姿は、一つのきっかけを与えている。