2019.04.05

麗しき滑り! 氷上で美しく咲き誇る
世界の女子スケーター9選

  • 坂本 清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 3月20日から4日間にわたり、世界フィギュアスケート選手権がさいたまスーパーアリーナで開催され、男子シングルスはネイサン・チェン(アメリカ)、女子シングルスはアリーナ・ザギトワ(ロシア)の優勝で幕を閉じた。

 平昌五輪後の2018-2019シーズンの女子は、日本勢では紀平梨花の躍進が目立ったが、海外勢も不調から脱却する選手や、大きく躍進する選手が出てくるなど激動の1年になった。来シーズン、さらに2022年の北京五輪でも日本勢のライバルになりそうな、世界選手権出場の女子トップスケーターたちに注目した。

アリーナ・ザギトワ(ロシア/16歳)

完全復活の平昌金メダリスト

【世界選手権】SP 82.08/FS 155.42/総合237.50(1位)

 2017年のジュニア世界選手権をジュニア歴代最高得点で優勝。同年9月にシニアデビューを果たすと、グランプリ(GP)ファイナルや欧州選手権など主要大会で無敗を誇り、2018年の平昌五輪で金メダルを獲得した。今シーズンは昨年12月のロシア選手権で5位になるなど苦戦が続いたものの、世界選手権で初優勝。フリーの演技終了後には両手で顔を覆い歓喜の涙を流した。