2019.03.17

「逃げ道の先は行き止まりだよ」
本田望結が姉・真凜に伝えた言葉の真意

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

★本田望結インタビュー(前編)

 フィギュアスケーターの兄・太一(20歳)、姉・真凜(17歳)、妹・紗来(11歳)を家族に持ち、自身もその世代のトップスケーターとして活躍している本田望結さん。3歳のときから始めたスケートは、全日本ジュニアまで出場するほどの実力がある一方で、それより早く始めたお芝居でも大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(2011年)に出演するなど、女優として数々の作品に出演し、話題を呼んできた。そんな彼女に、家族や自身について聞きつつ、フィギュアスケーターとしての今シーズンを振り返ってもらった。

しっかりとした口調でインタビューに答えてくれた本田望結さん

――(国際大会のチャレンジカップで優勝した妹の紗来がオランダから帰国した日が、取材日だったため)紗来さんとはもう話をされましたか。

本田 結果についてはまったくしてないです。試合とかスケートのことについてはホントに一切話さなくて。試合がある時間も知らなかったので。

――「お疲れさま」とか、そういう連絡もしないんですか。

本田 しなかったですね。動画が送られてきたので、それを見て「ああ(終わったんだな)」みたいな感じで。(LINEで)スタンプは送りました。でも、「どうだった?」みたいな話は全然してないんですよ。

――動画は誰が送ってくれるんですか。

本田 コーチとか父ですね。あとはニュースとかで動画を見たりして。時差とかもあって、向こう(オランダ)が何時かわからなかったので。今日家に帰ったら、いると思うので、そこで「お疲れ」「ただいま」みたいな話はあると思います。けど、そんなに(試合について)深い話はしないと思います。