2018.03.11

金メダルより大切なもの。
メドベデワがこだわった「演技への思い入れ」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha photo by JMPA/Noto Sunso

演技構成点ではザギトワを上回ったメドベデワだが、惜しくも銀メダルに終わった 最強と目されていたフィギュアスケート世界女王のエフゲニア・メドベデワは、初めて出場した五輪で金メダルを獲ることができなかった。

 メドベデワ本人も納得のいく滑りを披露し、ミスらしいミスもなく、すばらしい演技力を発揮した。それでも勝利の女神はロシア女子のエースに微笑まなかった。勝者は3歳年下の同門の妹分であるアリーナ・ザギトワ。勝負の非情さをまざまざと見せつけられたと言っていいだろう。

 しかし、メドベデワは胸を張って堂々と振り返った。

「ここ、平昌五輪に来るためにどれだけ練習したことか。自分のすべてを氷上で出すことができました。何も後悔していないし、できることはすべてやり切りました」

 2015~16シーズンにシニアデビューしたメドベデワは、シニア初参戦となったグランプリシリーズ(GP)の初戦、スケートアメリカで華々しい優勝を飾り、2戦目のロシア杯では準優勝だった。そしてこのロシア杯で敗れた以後は、平昌五輪シーズンである今季前半戦のGP2大会まで負けなし。国際スケート連盟(ISU)主催の主要3大会である世界選手権、GPファイナル、欧州選手権ではいずれも2連覇を果たした。

 しかし、この2シーズン、常に第一線で女子フィギュア界をけん引してきたメドベデワだったが、平昌五輪を前に、右足中足骨の骨折のために戦列を離れざるをえなくなった。GPファイナルを欠場したことで、採点競技特有の一種の”序列トップ”の座を、結果的にはファイナルを初制覇したザギトワに明け渡す羽目になった。