2018.02.25

日本女子フィギュア、「おそロシア」の
壁を実感も4年後へ光は見えた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by JMPA/Noto Sunao

フリーでもノーミスの安定感ある滑りを見せた宮原知子 2月23日のフィギュアスケート女子フリー。強さを見せつけたのはSPで1位と2位になっていたロシアの2強、アリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドべデワだった。

 後ろにあと2人を残して22番滑走だったザギトワは、ステップシークエンスにいつものしなやかさがなく、後半最初の3回転ルッツを連続ジャンプにできなかったが、終盤の3回転ルッツに3回転ループをつける完璧な連続ジャンプをしてリカバリーした。合計では団体戦で出した自己最高得点には届かなかったものの、156.65点と高得点を出した。

 それに対して最終滑走のメドベデワも、しなやかで表情豊かなノーミスの演技。ザギトワと同じ156.65点を出し、演技構成点の高さでフリーでは1位になった。しかし、合計ではSPで世界最高得点を出していたザギトワに及ばず。合計でザキトワが239.57点で優勝し、メドベデワが238.26点で2位となって熾烈な優勝争いは決着した。

 そんな激戦のフリーで、日本勢のふたりも自身の持つ力を存分に発揮した。

 宮原知子は、最終グループ1番滑走ながら、動じることなくノーミスの演技で自己最高の146.44点を獲得。合計も自己最高の222.38点にして、ハイレベルな戦いの先陣を切った。

「6分間練習が終わってすぐの滑走順だったので、いつもの練習通りだと思って滑りました。演技が終わった瞬間は、全日本選手権以上のガッツポーズが出たけど、もうやることはやり切ったから『ここまできたらメダルが欲しい』と思ってガッツポーズをしました」

 こう話す宮原は、得点を見て自己最高を確認すると、「もしかしたら(メダルの)チャンスもあるかもしれない」と思ったという。ただ、「最後の3人はみんなノーミスで完璧だったから、彼女たちが滑っている時は『やっぱり違う、もう一歩だなと』思いながら見ていました。悔しい気持ちもあったけど、もっと頑張るしかないなと思っていました」と振り返る。

 結局、3位のケイトリン・オズモンド(カナダ)までが230点台に乗せる231.02点を出し、宮原は自己ベストを出しても4位にとどまった。それでも自分の力を出し切った宮原は、「五輪という場は自分がやってきたことを信じて思い切りやれば、しっかり楽しめる試合だというのを感じました」と満足気に微笑んだ。