2016.10.28

冷静沈着。羽生結弦がスケートカナダ前日に
語った現在のコンディション

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 こう言う羽生は、気負うことなく日常の流れのまま試合に臨もうとしている。オータムクラシックで宣言した「ノーミスをします。それができないと羽生結弦ではない」という言葉に関しては、「あれはノーミスの演技をするための練習をしてきますという意味でした。もちろんノーミスが目標ですけど、そのくらい練習をしてきました。自分の中では胸を張って『これが羽生結弦です』と言いたいです」と冷静に説明する。

「まずは明日のショートで4回転2本をしっかり跳んで、難しい入りから跳ぶトリプルアクセルもしっかり跳ぶことを意識します。最終的には、音楽自体をまとうような演技をすることが重要だと思っています」

 落ち着いた表情でこう話す羽生の顔には、今の自分の滑りに対する自信が滲み出ていた。

羽生結弦 2016-2017フィギュアスケートシーズンカレンダー好評発売中!

フィギュアスケート特集号『羽生結弦 未来を創る人』予約受付中!

■フィギュアスケート記事一覧>>

関連記事