2015.11.02

フリーで挽回も2位。羽生結弦が自己分析した次戦への課題

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 滑りやステップは慎重さも目立ってスピードは抑え気味だったが、後半に入っての4回転は右手を少しつくだけでこらえて2回転トーループをしっかりつけた。

 だが、力を使ってしまった滑りがその後のジャンプに影響し、それまで完璧だったトリプルアクセルの着氷が乱れ、2連続ジャンプのセカンドは1回転に。そして、3連続ジャンプは何とか3回転サルコウをつけたが、間の1回転ループが潰れたような感じになって加点は伸びなかった。

フリーの演技後、自らの滑りを分析した羽生フリーの演技後、自らの滑りを分析した羽生  さらに、最後の3回転ルッツではエッジの後ろが氷に引っかかってしまい転倒。演技後、しばらく両手を膝について下を向き続けているほど疲れきっていた。

「フリーのルッツは感覚もよかったですけど、4回転を降りたら最後のルッツは気を抜いてしまってこけるというパターンは(過去に)よくあったので(笑)。今回は本当に最後の一滴まで絞り出すぞと思っていましたけど、アクセルの入り方はとくに2本目がぐらついてしまい、『よくあんな感じで跳べたな』と思うくらい力を使ってしまいました。だから、その次のループを跳んだ時点で、力を使い果たしていました」