2014.11.08

羽生結弦、まさかのミス。2位発進になった要因とは?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

11月特集 フィギュアスケート新時代 (2)

 11月7日に開幕したフィギュアスケート・グランプリシリーズの第3戦、中国大会。

 その公式練習で、羽生結弦はコーチのブライアン・オーサーに指で「3回転」と示してから3回転ルッツ+3回転トーループを試みたが、いまひとつ精彩を欠いていた──。まだ体を絞りきれていない状態で、トリプルアクセルを跳んだ後の4回転トーループも空中で軸が動いてしまい、転倒したり手をついたりという出来。

中国大会のSPで2位と、不本意なスタートになった羽生結弦 その後、短時間のうちにそのズレを修正すると、曲をかけた練習ではトリプルアクセルも4回転トーループもきれいに降りた。さらに、最初にミスをした3回転の連続ジャンプも、キッチリと修正してリンクをあとにした。

 そして、ショートプログラム直前の6分間練習では、連続ジャンプこそ3回転+2回転になったが、その次のトリプルアクセルはきれいに決め、4回転トーループも不安なく決めた。

 羽生のひとり前のマキシム・コフトゥン(ロシア)は、4回転サルコウ+3回転トーループと4回転トーループを決めたとはいえ、大きく加点をもらえない出来。そのうえ、トリプルアクセルが2回転半になってしまい、85・96点でトップに立ったものの、最終滑走の羽生にプレッシャーを与えるほどの点数ではなかった。

 だが、本番が始まると、羽生が公式練習の時に見せたわずかなほころびが、大きくなってしまった。

 スローな曲調で始まった羽生の滑りは硬さもなく、最初のトリプルアクセルもGOE(出来ばえ点)で3・0の加点をもらう完璧なジャンプ。続くふたつのスピンも丁寧にこなし、演技が乱れる要素は見えなかった。