2022.06.21

京口紘人が井上尚弥に続いて世界のトップへ。カネロvsゴロフキンのアンダーカード実現で「統一戦プラン」が動き出す

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 6月7日、さいたまスーパーアリーナでWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王座を統一した井上尚弥(大橋)が見せた、圧巻の強さの余韻はまだ消えない。ノニト・ドネア(フィリピン)に2回TKO勝ちを飾った井上は、その後、『リングマガジン』のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングで日本人史上初となる1位をゲット。晴れて世界最高のボクサーと認められた"モンスター"は、今後、これまで以上に世界リングで注目されていきそうだ。

 ただ、世界リングで躍動を続ける日本人ボクサーは井上だけではない。井上vsドネアの3日後、ボクシング王国・メキシコのファンを興奮させた"Mad Boy(マッド・ボーイ)"ことWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)。2022年は、京口が真の意味でワールドステージに飛躍していく年になるかもしれない。

「日本でも試合をしたいですけど、もう一度アメリカのリングでも、そしてこのメキシコのリングでも戦いたい。どこでも戦いたいです」

6月10日に敵地メキシコでKO勝利を飾った京口6月10日に敵地メキシコでKO勝利を飾った京口 この記事に関連する写真を見る  6月10日、メキシコでの初のリング登場を見事なKO勝利で飾ったあと、京口はあらためて"世界進出宣言"を行なった。正規王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)と派手な打ち合いを演じた京口の戦いぶりは、実際に今後を楽しみにさせるのに十分だった。

 簡単な防衛戦だったわけではない。相手が攻勢に出た時だけ観衆は湧き上がり、6回にはバッティング、7回にはダウン後の後頭部への加撃で2度の減点を受ける厳しい展開。標高約1500マイルという高地での対戦に加え、3人のジャッジによる地元びいきの採点(京口が圧倒するも、7回まで3人すべて1点差の2-1と辛くもリード)など、「これぞ完全アウェー」という環境でのバトルだった。

 ベルムデスは序盤から激しく出血し、いつドクターストップがかかっても不思議はなかった。あと1点くらい京口が減点された上で試合が止められ、その時点での採点でベルムデスの勝ちとなっても、地元ファンは気にも留めなかったに違いない。「負傷判定で負けにされるのが心配だった」という京口の言葉は正直な思いの吐露だっただろう。