2022.06.17

那須川天心「武尊選手は性格もファイターとしても真逆」。試合には「負けるイメージがない」

  • 井上崇宏●文 text by Inoue Takahiro
  • photo by Taikoh Kuniyoshi

那須川天心インタビュー(後編)

前編:那須川天心が武尊との一戦に「やらないほうがいいんじゃないか...」と思ったワケ>>

 6月19日に東京ドームで開催される格闘技イベント『THE MATCH』で、武尊との"世紀の一戦"に挑む那須川天心。格闘技人生最大にして、最強の相手である武尊に対してどのような戦いを挑むのか。また武尊のイメージとは。那須川天心が語った。

武尊との試合がキックボクサーとして最後の試合になる那須川天心(写真右)武尊との試合がキックボクサーとして最後の試合になる那須川天心(写真右) この記事に関連する写真を見る

実現するとは思わなかった

── 那須川選手は今回の武尊戦でキックを完全引退。今後もキックボクサーであり続けるならば、自身でキック界を盛り上げていけばいいけど、そうではないと。

「そこが大きいですね。しかも本来だったら、この前の4月の試合で終わりだったので、これは"エクストラステージ"というか」

── その引退の日が先延ばしになったことに関してはどうですか?

「以前から『ボクシングに行く』ということは公言していましたけど、それでもみんなが『やっぱり(武尊戦が)見たい』というふうに言ってくれたことはすごくうれしかったです」 

── そもそも本当に実現すると思っていましたか?

「いや、思っていなかったですね。それでもべつに、僕はどちらかというと『無理』と言われたらすぐに『わかりました』と納得するタイプなので。だから、たとえば好きな人に告白して『ごめんなさい』と言われたら『わかりました』ってなりますし(笑)。もともとそういう感覚なので、いつまでも『いいじゃん、いいじゃん、お願い』というふうにはなれないんですよね」

── あらためて、ファイターとしての武尊選手の印象を。

「本当に自分とは正反対だなと思いますね。僕は武尊選手のことを人としてはそんなに知らないですけど、性格とかも逆なのかなというふうに思ったりしますよね。発言の仕方だったりとか、SNSの使い方だったりとか、すべてが自分と真逆の考えをしているんだろうな、みたいな」