2022.06.17

那須川天心が武尊との世紀の一戦に「やらないほうがいいんじゃないか…」と思ったワケ

  • 井上崇宏●文 text by Inoue Takahiro
  • photo by Taikoh Kuniyoshi

那須川天心インタビュー(前編)

 6月19日に東京ドームで開催される格闘技イベント『THE MATCH』で、武尊との"世紀の一戦"に挑む那須川天心。長年にわたって待望され、ようやく実現した夢のカード。それと同時に、ボクシング転向を明言している那須川にとってはキックボクサーとして最後の試合になる。日本中が注目する大一番を前に、那須川が心境を語った。

『THE MATCH』のメインで武尊と戦う那須川天心『THE MATCH』のメインで武尊と戦う那須川天心 この記事に関連する写真を見る

「絶対勝つ」ことだけに集中

── 決戦まであと少しとなりましたが、やはりこれまでのどの試合とも違う心持ちでいるのでしょうか?

「最初に対戦が決まった時はすごくそういう感覚があったんですけど、今はいつもどおりかなというのはあります。それでも自然といつも以上に気合いは入っているんですけど、あんまり思わないようにはしていますね」

── 特別な試合だと思わないようにしていると。

「そうです。やっぱり最初は特別だと思いましたけど、日が経つにつれて『試合をする、絶対に勝つ』ということに集中してやっている感じはあります」

── 試合が決まった当初の特別な意識というのは、どんな感じだったんですか?

「やっぱり"何年越しの実現"という部分とか。自分のなかでもそうですし、客観的に見てもなかなかこういうことはないし、やらないほうがいいんじゃないかという思いもありました。そういう葛藤とかすべてがいつもとは違っていました」

── 「やらないほうがいいんじゃないか」という思いは、どういった理由からですか?

「結果が出てしまうとファンの方が悲しむんじゃないかと。やっぱり格闘技ってすべての人がハッピーエンドでは終わらないじゃないですか? だから実現せずに、のちのちまで語られるほうがいいのかなとも思ったり」

いつも以上に自然体

── 対戦を熱望していた以前と状況が違うのは、この試合を最後に那須川選手はキックを引退してしまう。

「これでいなくなっちゃうわけだから、『自分勝手なのかな』と思う部分もなくはないんです。それでも『やる!』と決めたのは、やっぱり今後の格闘技のためというよりも"未来のある子どもたちのため"だったり......格闘技界だけじゃなく、いろんな世界に出て行こうとする子どもたちに勇気を与えられるんじゃないか、何かのきっかけになってくれればいいなというのはありましたね。僕、子どもが大好きなんですよ。僕が昔のK−1に憧れてキックを始めたように、子どもたちが今回の試合を見て『格闘技をやってみようかな』ってなってくれたらうれしいじゃないですか。かつて僕が与えられたものを、次は僕が残していくべきなのかなと思ったんです」