2022.02.18

K-1の「怪物」野杁正明が振り返る進化の過程。鉄壁ガードは「恐怖心」と「目の悪さ」ゆえに磨かれた

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

K-1の"怪物"
野杁正明 インタビュー 前編

 2021年9月20日、横浜アリーナで行なわれたK-1 WORLD GPウェルター級王座決定トーナメントを、3戦KO勝利という圧倒的な強さで制した野杁正明(のいり・まさあき)。リング上は冷静、取材時は穏やか。実に礼儀正しく、明朗な口調でこちらの質問に答えてくれた。

 3人兄弟の末っ子として愛知県・名古屋に生まれ、「ケンカがあると泣きながら助けを求めていた」という野杁は、王者の品格と強さを併せ持つ、泰然自若な"モンスター"へと成長した。その強さの根源に迫る。

昨年9月のウェルター級トーナメント決勝で、安保瑠輝也(左)をKOで下した野杁 Photo by 日刊スポーツ/アフロ昨年9月のウェルター級トーナメント決勝で、安保瑠輝也(左)をKOで下した野杁 Photo by 日刊スポーツ/アフロ この記事に関連する写真を見る

【見せつけた他の日本人選手との差】

――ウェルター級王座決定トーナメントは、3選手をKOして優勝。コロナ禍でなかなか外国人選手が呼べないなかでの大会でしたが、圧倒的でしたね。

「僕もトレーナー陣も『(他の日本人選手たちとの)差を見せつけなければいけない』と考えていました。お客さんたちも『野杁が一番であってほしい』という思いでいるはずだ、という気持ちで戦っていましたね」

――決勝の安保瑠輝也選手(あんぽ・るきや/元スーパー・ライト級第4代王者)との試合では、ダウンした安保選手に向かって何かを叫んでいたようにも見えました。

「特に何かを言ったわけではないです。大会の前にはいろいろ言われたこともありましたが、彼はパフォーマンスを含めて"ビッグマウス"で、リスクを負いながら僕につっかかってきた。そこはリスペクトしているし、ムカついていたわけでもありません。

 ただ、試合の1ラウンドが終わった時の態度(コーナーに帰る際、安保は睨みつけながら野杁の胸をポンと叩いた)だったりとか、そういうのはあったので。『どうだ』という気持ちはあったし、レベルが違うことを示そうとして、突発的に叫んじゃいました(笑)」