2021.08.06

「延期になってから、ケンカも増えて…」。川井梨紗子が語った姉妹で金への苦しかった道のり

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • photo by JMPA

 快挙達成だ。レスリングの女子57キロ級で川井梨紗子が2大会連続となる金メダルを獲得した。62キロ級で前日に優勝した妹の友香子とともに「姉妹で金」の夢をかなえた。勝利が決まると、マットの川井梨はスタンド最前列の妹を見て、両こぶしを突き上げた。

 「もう、やったよ~、という感じでした」と、26歳の姉は思い出す。顔には安ど感があふれていた。

姉妹で金メダルを掲げる、姉の川合梨紗子(右)と妹の友香子(左)姉妹で金メダルを掲げる、姉の川合梨紗子(右)と妹の友香子(左) この記事に関連する写真を見る  「昨日、(妹に)目の前であんないい試合を見せられたら、私もやるしかないなって思っていたんです。リオ(五輪)の時と比べると、1試合1試合重く感じていて。いろんな思いを抱えて、友香子と頑張ってきて、こ~んないい日があっていいのかなって」

 8月5日。幕張メッセ。無観客だが、スタンドから応援していた日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長、日本レスリング協会の福田富昭会長、東京五輪パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長らスポーツ界の幹部ら十数人がマスク姿で喜び合った。

新型コロナの感染拡大など暗い話題が広がる中での明るいニュース。橋本会長は言った。「いや、すばらしい。この間は柔道の阿部さんきょうだい、そして今日は(川井)姉妹ですから。やはりアスリートが活躍するのが、一番元気が出ますよね。価値があります」

川井梨は強かった。しっかり構えて、組み手で優位に立って、イリーナ・クラチキナ(ベラルーシ)にプレシャーをかけ続けた。相手の後ろに回って2ポイント。相手右足に鋭いタックルを決めて1ポイント。タックルをかわした瞬間、あっという間に相手のうしろに回って2ポイント。徹底研究されている中で最後まで押し、5−0で勝ち切った。

川井梨の言葉に充実感がにじむ。

「最後の1秒まで、絶対に相手から目をそらさないと決めていた。やっと終わったというより、なんというか、6分間、集中できた自分がよくやったなという感じです」