2021.08.03

女子ボクシングの入江聖奈が日本女子初の金メダル。すぐさま引退表明「カエル関係で就職したいけど…」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • photo by JMPA

 底抜けに陽気な女子ボクサーが歴史の扉を開けた。ボクシングの女子フェザー級で、20歳の入江聖奈(せな)が決勝で2019年世界選手権覇者のネスティー・ぺテシオ(フィリピン)に判定で勝利し、日本女子史上初の金メダルに輝いた。

ボクシング女子で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈ボクシング女子で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈 この記事に関連する写真を見る  勝利が決まると、リングの上で両手を突き上げて、大好きなカエルのごとく、大きくぴょんとジャンプ。笑顔がはじける。ただ表彰台では、目には涙をためていた。

「(終わりは)何も覚えてなくて、気がついたら、君が代が流れていたんです。"ああ世界一になったんだな"って実感があって、ちょっと(目が)ウルウルしたと思います。夢みたいで。何度もほっぺをつねったんですけど、今も夢の中みたいです」

 両国国技館。入場曲は代表合宿の時に仲間が口ずさんでいたX JAPANの「紅」。入江が笑顔を振りまきながら会場に入ってくると場内の空気が変わった。陽気なのだ。ゲン担ぎの笑顔なのだが、「実は」と教えてくれた。

「内心は緊張でほっぺを引きつらせながらの笑顔なのでご了承くださ〜い」

 『トノサマガエル作戦』、これが伊田武志・女子強化委員長が考えてくれたこの日の戦略だった。そのココロは。

「全然、作戦の趣旨と名前はよくわからないけど、トノサマになるぞという強気の表れだと思います」

 相手のペテシオは過去2勝1敗の好戦的な左ファイターのベテラン。1ラウンドから得意の左ジャブで有効打を放ち、ポイントで優位に立った。勝負の3ラウンド目。最後まで足を止めず、的確な左ジャブ、ストレートを放った。入江の述懐。

「相手のパンチが強かったので、ほんと強気ということだけを意識して頑張らせていただきました。ジャブが当たっていた気がします」

 結局、トノサマガエル作戦が奏功し、入江は"殿様"、いや勝者になった。フットワークとジャブには自信を持つ。ジャブは男子ボクサーのYouTubeで動画を見て研究し、レジ袋に重りを入れてリストを鍛えてきたのだった。