2021.07.28

柔道世界王者の医学生となった朝比奈沙羅。父との衝突に「マジで許さん」と奮起、受験に臨んだ

  • 門脇 正法●取材・文 text by Kadowaki Masanori
  • photo by エンリコ/アフロスポーツ

文武両道の裏側 第4回 
女子柔道 朝比奈沙羅選手(ビッグツリースポーツクラブ/獨協医科大学)
前編

 今年6月にハンガリー・ブダペストで開催された柔道の世界選手権、女子78キロ超級の決勝で、日本人対決を制し、2大会ぶり2度目の金メダルを獲得した朝比奈沙羅選手。試合終了直後、左ひざを負傷した冨田若春選手のもとに駆け寄り、おんぶしながら一礼し、会場を去る姿に、国内外から称賛の声があがった。

6月の柔道世界選手権の決勝。優勝した朝比奈沙羅は、負傷した冨田若春選手をおんぶして畳を降りた。6月の柔道世界選手権の決勝。優勝した朝比奈沙羅は、負傷した冨田若春選手をおんぶして畳を降りた。
「冨田選手には恥ずかしいという思いをさせたかもしれないけど
・一刻も早くチームトレーナーの元に負傷した選手を引き渡す事
・この状況下で試合をさせてくれた関係者や会場に礼をして畳を降りる事
を鑑みると、"正解"かは分からないけど、自分のとった行動は間違いではなかったと思っています」(原文ママ)

 大会後、このように自身のTwitterにつづった朝比奈選手からは、スポーツマンシップだけでなく、現在、医学の道を志す獨協医科大学医学生(2年生)としての精神もうかがえた。

 連載企画『文武両道の裏側』の第4回。前編では、医学生でありながら、柔道選手として世界のトップレベルで戦う朝比奈選手の幼少期から大学受験に迫った。

* * *

――幼少期のお話からうかがえればと思います。小さい頃はどんな習い事を?

「たくさんやっていましたね。3歳から水泳を習ってましたし、その後、バスケとかエアロビも。ほかに、ピアノやそろばん、公文と本当にいろいろな習い事をしていました。ただ、それらの多くが、どちらかというと『行かされている』感覚のほうが強かったんです。でも、小学校2年生で始めた柔道だけは毎日、自分からすすんで行っていました」

――自分からすすんで通うほど、どうして柔道にはハマったんですか?

「そもそも柔道を始めたきっかけは、アテネ五輪(2004年)でした。たまたま習い事がない日に、学校から帰ってテレビをつけたら(男子100キロ超級で金メダルを獲得した)鈴木桂治選手の試合が中継されていたんです。リビングのカーペットの上で、気づいたら正座をしながら見てました。『あ、これはすごい!』って、全身にバッと鳥肌が立ったんです。それで、私も柔道をやりたくなって。

 そのことを父に話したところ、講道館少年部春日柔道クラブへ見学に連れて行ってくれました。そのとき、なぜか『私はこの競技で、オリンピックで金メダルを獲れる!』って、謎の自信が湧いたことを覚えています」

――その後、朝比奈選手は私立の進学校として知られる渋谷教育学園渋谷中学高等学校(以下、渋渋)に進学します。渋渋に行きたいと思った理由は?

「小学校のときに所属していた春日柔道クラブの同級生のほとんどは、地元の文京区立第一中学校へ進むんですよ。なので、私も当初は、みんなと一緒にそこへ行くんだろうな、と思ってました。

 ただ父は、私が地元の中学に進むと柔道に明け暮れて勉強ができなくなるんじゃないかと心配だったみたいで(笑)。柔道も強くて勉強もできる中高一貫の学校に行ったほうがいいということを強く言われたんです」

――そうしたお父さまの考えに、朝比奈選手も納得したんですね。

「最初は『えー』って感じで(笑)。正直、幼馴染の友人と同じ学校へ行きたい気持ちがありました。だけど、いくつか私立中学校の柔道の練習に参加したとき、渋渋は、練習の環境や内容がすごくしっくりきたんです。それで渋渋を受けることにしました」

――中学受験のために、塾には通いましたか?

「塾には行きませんでした。小学校5年生くらいを境に、柔道の稽古が終わって、夕食のあとに夜の8時から10時までとか、9時から11時までとか、必ず2時間は机に向かうことを習慣にしました」

――塾には行かず、家で猛勉強したと。

「渋渋の過去問を買ってきて、どういう問題が出るかとか、対策を立てながら勉強しましたね。確実に点につながる漢字とか、社会の知識的な暗記問題を重点的にやって、塾に行っている子たちと比べても恥ずかしくないぐらいの点数を取れるように頑張りました」