2021.07.27

ビッグバン・ベイダーが語ったアントニオ猪木とのファイナルマッチの壮絶秘話。滴る血と汗に涙も混じった

  • 井木 康文 ●取材・文 text by Iki Yasufumi photo by 平工幸雄/アフロ

 1996年1月4日、東京ドームで行なわれたアントニオ猪木vsビッグバン・ベイダー戦は、アントニオ猪木の数多ある試合の中でも衝撃的な一戦となっている。

 アントニオ猪木の引退ロードでの1戦であるにも関わらず、容赦なく襲い掛かるビッグバン・ベイダー。1987年12月の両国国技館大会にて、3分弱でアントニオ猪木からフォールを奪ってしまった衝撃的な日本デビュー戦を彷彿とさせるものがあった。

 2018年6月に逝去したベイダーは、この試合について自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』(徳間書店)の中で、秘めた想いを語っていた。最大のライバルであり、恩人でもあったアントニオ猪木と交わした"約束"とはーー。

※本稿は、ビッグバン・ベイダーの自伝『VADER TIME ベイダータイム 皇帝戦士の真実』(徳間書店)の一部を再編集したものです。

【レジェンドから無謀な要求】

 ビッグバン・ベイダーは、試合前のアントニオ猪木との会話を以下のように述べている。会話の内容から猪木へのリスペクトが非常に高かったことも伺える。

「おそらく力道山を除いて、猪木以上の伝説を残した日本のレスラーはなかなかいない。そのことはファンも理解しているのだ。この時、猪木は 35年間のキャリアを終えるファイナルカウントダウンシリーズという引退ツアーをしていた。俺との一戦も同シリーズに含まれていた。年齢をものともせず、猪木は俺との一戦をタフでとてつもないものにしようと決めていた。さすが猪木だ。描くシナリオは猪木が創造した邪悪なモンスター"ビッグバン・ベイダー"の持つ強大さと凶暴性を猪木が鎮めるというあらましだ。

 猪木は、初めて日本にビッグバン・ベイダーが登場したのと同じように、引退試合でも可能な限りハードに彼自身のことをぶちのめせという。『わざとらしかったり、弱いと思われるような試合ではなく激闘を見せたいんだ』猪木は言った。『全身全霊を注ぐよ』俺は当時52歳だった恐れ知らずのレジェンドに誓った」