2021.06.17

井上尚弥の防衛戦の展開を元世界王者が予想「長い夜にはならない」

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

 日本が産んだ"モンスター"の、2021年初のリング登場が間近に迫っている。

 WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋ジム)は現地時間6月19日、米ネバダ州ラスベガスのバージン・ホテルで、IBF指名挑戦者のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦を行なう。デビューから20戦全勝(17KO)の井上は、今では全階級を通じて最高級のボクサーと目され、伝統ある『リングマガジン』のパウンド・フォー・パウンド・ランキングでも2位にランクされている。

6月19日に防衛戦を行なう井上尚弥6月19日に防衛戦を行なう井上尚弥 この記事に関連する写真を見る  一方、30勝(20KO)2敗1分のダスマリナスには目立った実績がなく、戦前の予想でも「井上が絶対的に有利」と目されている。そんな試合の見どころ、井上がやらなければいけないこと、そしてダスマリナスが大方の予想を覆して善戦する可能性などを、 元WBO世界スーパーライト級王者のクリス・アルジェリ(アメリカ)に聞いた。

 37歳のアルジェリは今も現役だが、その聡明さを買われて『ESPN』のボクシング放送で解説者、アナリストも務める理論家だ。2014年11月には、判定で負けたものの、英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)と対戦した経験も持つ。

 そんなアルジェリは、軽量級離れしたパワーの持ち主で、最近では"ネクスト・パッキャオ "とまで称されるようになった井上をどう分析するのか。

***

――井上が米リングでスーパースターになっていくために、ダスマリナス戦、その先の試合でどんなパフォーマンスを見せる必要があるか。

 ダスマリナスとの試合は井上が絶対有利ですが、特別なことをする必要はないと考えています。今後、井上は勝ち続けて世界バンタム級のタイトルを防衛していくだけでなく、アメリカのファンを魅了することが課せられていくでしょう。しかしそのために、これまでと何かを変えるべきではないというのが私の意見です。