2021.05.24

「幻の金メダリスト」が義足で再デビュー。谷津嘉章の新たな野望

  • 井木 康文 ●取材・文 text by Iki Yasufumi
  • photo by DDTプロレスリング

 プロレスラーの谷津嘉章が、義足レスラーとして来月6日に再デビュー戦を行なう。

 谷津は1976年モントリオール五輪にレスリング・フリースタイル日本代表で出場、続く1980年のモスクワ五輪も代表に選ばれていたが、日本が不参加であったため出場は叶わず、当時「幻の金メダリスト」と呼ばれた。

 五輪をあきらめた谷津は、1980年に新日本プロレスに入団。同年12月29日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにてデビューという破格の待遇を受ける。翌81年6月24日の蔵前国技館にて、アントニオ猪木とタッグを組みスタン・ハンセン&アブドーラ・ザ・ブッチャーを相手に国内デビューも果たした。

 その後、ジャパンプロレスを経て、全日本プロレスに移籍後はジャンボ鶴田と「五輪コンビ」として人気を博した。その後はSWS、WJプロレスなど様々な団体を渡り歩き2010年に引退。

 2019年6月に糖尿病の合併症により右ヒザ下を切断。しかし、プロレスへの想いは断ち切れず、64歳にして"復帰"ではなくマット史に類を見ない義足レスラーとしての"再デビュー"をすることになった。

 前編では過去の激闘を振り返ったが、後編では義足レスラーとしての今後の展望、そしてさらにその後のビッグプランについて明かした。

1985年、ジャパンプロレス時代の谷津嘉章 photo by 平工幸雄/アフロ1985年、ジャパンプロレス時代の谷津嘉章 photo by 平工幸雄/アフロ この記事に関連する写真を見る

約40年ぶりの再デビュー戦への想い

「日本でのデビュー戦が、1981年6月24日の蔵前国技館ですから、次の6月6日の義足レスラーとしての試合は約40年ぶりに再デビュー戦を行なう気持ちです」