2020.10.05

アントニオ猪木が選ぶベストバウト。
馬場戦も意識した世界王者との死闘

  • 松岡健治●取材・文 text by Matsuoka Kenji

◆力道山が刺された日。アントニオ猪木を認める言葉と幻の計画>>

猪木が語るベストバウトと馬場 前編

 9月30日、元プロレスラーで前参院議員のアントニオ猪木が、東京・虎ノ門のホテルオークラでデビュー60周年記念会見を行なった。

 17歳で日本プロレスに入門した猪木は、1960年9月30日に東京・台東区体育館での大木金太郎戦でデビューした。以後、日本プロレス時代はジャイアント馬場とのタッグ「BI砲」で一時代を築くも、1971 年12月に日本プロレスから追放処分を受け、翌1972年3月6日に大田区体育館で新日本プロレスを旗揚げした。

数々の名勝負を生み出した猪木 photo by Kimura Moritsuna/AFLO「プロレスこそ最強」と自らの理想を掲げ、タイガー・ジェット・シン、アンドレ・ザ・ジャイアント、スタン・ハンセンら外国人選手との抗争で多くのファンを惹きつけ、1974年3月には「禁断」と言われたストロング小林との日本人トップ対決を実現。さらに当時のボクシングヘビー級王者、モハメド・アリとの格闘技世界一決定戦など、数々の伝説的な闘いを繰り広げ、1998年4月4日に55歳で引退した。

 猪木が思う、38年間の現役生活での「生涯のベストバウト」はどの試合なのか。著書『猪木力 不滅の闘魂』(河出書房刊)の中でも明かしているが、それは日本プロレス時代の1969年12月2日、大阪府立体育会館で行なわれたドリー・ファンク・ジュニア戦だ。

 この試合は、"世界最高峰"と称されていた「NWA世界王者」のドリーと、猪木が初めて相対した60分3本勝負。猪木はドリーに一本も取られることなく、60分フルタイムでドローに終わったが、著書『猪木力』の中で「『ベストバウトは何か?』と聞かれて、真っ先に思い浮かぶのが、このドリーとの試合になるな。俺のプロレスラーとして節目となった一戦」と振り返った。

 当時27歳のドリーは、この年の2月にジン・キニスキーを破ってNMA王座を奪取。それまでの、パワーと荒々しいスタイルが主流だったアメリカマット界で、洗練されたレスリングセンスを引っ提げて新しい風を巻き起こしていた。