2019.07.26

井上尚弥がWBSS後に「悪童」ネリと
戦う可能性はあるのか

  • 杉浦大介●取材・文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

 最初に断っておきたいが、現時点で「井上尚弥(大橋ジム)vsルイス・ネリ(メキシコ)の話題でアメリカのファンが盛り上がり始めている」と言うのは大げさすぎる。アメリカでは、とくに軽量級への関心は依然として大きくない。井上が参戦しているワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)というトーナメントも、存在を認識しているのは一部のマニアだけだ。

これまでに獲得した5本の世界チャンピオンベルトを肩にかける井上 ただ、それでも「井上vsネリ」がファン垂涎の一戦として語られることは、これから徐々に増えていきそうな気配がある。

 その理由として、井上がすでに全階級を通じても最高レベルの実力者として認められていることが挙げられる。WBSSのことは知らなくても、「”ナオヤ・イノウエ”の名前を聞いたことがない」というボクシングファンは少ないだろう。同時に、米有力プロモーターのひとつであるPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)と契約して以降、ネリが強さを見せつけているのも大きい。

 現地時間7月20日、ラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナでの試合もそうだった。マニー・パッキャオ(フィリピン)vsキース・サーマン(アメリカ)という注目カードの”アンダーカード”で行なわれた最新試合で、ネリは元王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を相手に、9回KO勝ちを飾った。

 WBSS準決勝で、井上が初回でKOしたパヤノに後半まで粘られた姿を見て、「ネリは井上レベルではない」と感じた人も多かっただろう。だが、バンタム級の選手としては、やはりパワーと馬力はハイレベル。パヤノを悶絶させるフィニッシュパンチとなった左ショートボディも迫力があった。

「早く倒したかったけど、俺は長いラウンドも戦えて、(終盤にも)相手を倒せることを示せた。ディフェンスもいいし、アジャストメントができることも示せたはずだ」

 ネリの試合後の言葉が示すとおり、後半までラウンドを重ねても”ネリ危うし”という印象はなかった。このメキシカンには井上ほどの力はないとしても、IBF王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、WBC正規王者ノルダン・ウバーリ(フランス)、WBC暫定王者・井上拓真(大橋ジム)らとともに形成する、”バンタム級第2グループ”ではトップの実力を有しているのは確かだ。