2018.10.16

パワハラ問題を乗り越え、伊調馨が復帰。
前人未踏の道へ腹をくくった

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 女子個人種目初のオリンピック4連覇を達成した伊調馨(ALSOK)が、公益財団法人日本レスリング協会・栄和人前強化本部長からのパワハラ問題を乗り越え、2年2カ月ぶりに実戦のマットに戻ってきた。

伊調馨がパワハラ問題を乗り越えてマットに帰ってきた「今、レスリングがどんどん好きになってきています。やり残したこともいっぱい。アテネ大会からロンドン大会まで8年間、あっという間だったから、4年後のリオデジャネイロ大会も意外とすぐに来るんじゃないかな」

 2012年のロンドンオリンピック後はこう語り、あっさりと現役続行を宣言した。

 ところが、「集大成」と位置づけて挑んだ2016年のリオデジャネイロオリンピック後は違った。

 4つ目の金メダルを獲得したものの、「悔しさのほうが圧倒的に大きい。できるなら、全部やり直したい」と振り返る一方で、「今はまだ、選手に戻ること、次のオリンピックで5連覇することに意味・価値が見出せない」と長期休養の道を選んだ。

 それでも、東京オリンピックに出場するために伊調は、「復帰のリミットは2年前の全日本選手権」とも語っていた。その言葉どおり、今年4月からアスリートとしてトレーニングを再開。12月に行なわれる全日本選手権に照準を合わせて、朝はロードワーク、昼はウエイトトレーニング、そして夕方はマットに上がり、日々3部練習で自らを追い込んできた。

 今回、伊調が出場した全日本女子オープン選手権大会は、その前哨戦だ。

 全日本選手権への出場資格は、6月に行なわれた全日本選抜選手権をはじめ、国内大会で一定の成績を上げた選手に与えられる。伊調は長期休養していたが、過去の実績を鑑みると、日本レスリング協会強化委員会からの”推薦”で出場することができる。

 それにもかかわらず、伊調はそれを嫌った。全日本選手権の出場権を獲るとともに、この半年間の仕上がりを確認するため、今大会への出場を決意した。