2017.11.02

村田諒太らチャンプが輩出。
京都廣学館ボクシング部が育む「拳の哲学」

  • 内田暁●取材・文・撮影 text by Uchida Akatsuki

高校時代の村田諒太のパネルも飾られていた「高校の恩師が言っていたことですけど、『ボクシングで試合に勝つってことは、相手を踏みにじって、その上に自分が立つということだ。だから勝つ人間は、その責任が伴うんだ』と言われました。彼(対戦相手のアッサン・エンダム)の分の責任を伴って、これからも戦いたいと思います」

 村田が感銘を受け、西嶋先生が受け継ぎ、未来へと伝える「武元イズム」は、現在リングに立つ部員たちが紡(つむ)ぐことで、伝統として命を得る。現主将の中谷七都は、「基本はいつまでも大切。鏡を見て、フォームをチェックし、後はひたすら反復練習です」と、ボクシング上達の精髄(せいずい)を語った。また、下級生たちに不条理を強いることを部員にも禁じる一方で、やるべきこと……たとえば「練習前に水を用意する」などの決まりを下級生が怠れば、雷を落とすことも忘れない。

 部のエースで来年の主将候補の仲山翔梧は、父親も南京都高校出身で、卒業後にプロボクサーになった親子鷹。中学3年生のときに「いじめられないため」に始めたボクシングは、父親と拳で会話を交わす手段ともなる。

「ボクシングで一番楽しいのは、父親とミット打ちをやるとき。共感し合える感じがするんです」