2017.07.01

【国際プロレス伝】短パンの太ももパンパン、
グレート草津の付け人に

  • 宮崎俊哉●取材・文 text by Miyazaki Toshiya
  • photo by Nikkan sports/AFLO

【第12回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

 ラグビー日本代表からプロレスラーへ華麗なる転身――。ストロング小林、サンダー杉山、ラッシャー木村とともに「国際プロレス四天王」として一時代を築く一方、団体の旗揚げから活動停止、解散まで現場責任者として吉原功(よしはら・いさお)社長を支え続けてきたグレート草津とはどのような人物だったのか。古きよき時代を伝える豪快なエピソード満載で、九州男児の強さ、優しさを弟分・アニマル浜口が語る。

「国際プロレスとはなんだ?」前回コラムはこちら>>>

連載第1回目から読む>>>

サンダー杉山(左)と腕相撲をするグレート草津(右)

「国際プロレス四天王」のひとり・グレート草津(1)

「ドアを開けた瞬間、僕の目に飛び込んできたんです。一番奥の席に座っていました。ピタッとした短パンを履いていて、太ももがパンパンに張っていましてね。上半身はTシャツを着ていましたが、はち切れんばかりでした。髪はショートカット。言葉が出ませんでした。見とれてしまいました。

 僕もボディビルをやっていて、鍛え上げられた肉体美というのは見慣れていたはずなんですけど、すべてがケタ違いでした。圧倒されて、感動して……。これがプロレスラーかと思いましたよ。スター性があふれていました。それが、グレート草津さんだったんです」

 国際プロレスの吉原功社長から直々に入門を許され、紹介してくれたナニワトレーニングセンターの荻原稔会長に付き添われ、大阪から新幹線に乗って上京。東京・青山にあった国際プロレスの事務所へ挨拶に行き、道場へ入った瞬間のことを、アニマル浜口は今も鮮明に覚えている。